庭木剪定方法と時期を植木屋さんが教える

庭木はなぜ剪定が必要と思いますか???

大抵の方は伸びるからとか、近隣の方に迷惑をかけてしまうからと考えるでしょう。それも大いにありますが、害虫の発生を防いだり樹形の維持、その他にも低木や地際の植物にも光を浴びせ成長をし易い環境づくりを施す為にも庭木の剪定はとても重要なのです

。庭の手入れを怠り伸ばし放題にするとせっかくの植木も重なりあった場所から枯れてくる事もあります。又、鬱蒼としたお庭では必要な太陽の光が下側では乏しくなり上へ上へと伸びてしまいせっかく形の良い庭木を購入されても間延びした庭木へと変貌してしまいます。

更に1度形の崩れた植木を元の形に戻すにはとても年月が掛かる為、定期的な剪定は必要不可欠だと思います。

なので、剪定とは美観上・機能上・生理上の目的に沿って樹木の健全な生育を図る為に枝梢を切り除く作業である。

 

美観上の目的とは・・・

 

生育生理上の目的とは・・・

 

機能上の目的とは・・・・

 

 

  庭木の剪定方法    

整枝剪定(基本剪定)・・・・・・整枝剪定は樹形の骨格づくりを目的とするもので、別名『骨格剪定』とも言われています。主に落葉樹の陶器剪定に適用しています。

刈り込み剪定・・・・・・     刈り込み剪定は樹冠の全面を一様に刈り込みバサミで剪定する事で、球形、角形など人工的な 整形仕立ての為に用いる事が多いです。

枝透かし剪定・・・・       密生枝、絡み枝、徒長枝など不要な枝を取り除く作業で、茂り過ぎた樹冠を適度に透かし、風通しや日当たりを良くする事で中枝の枯死や害虫の発生を抑制する目的がある。

枝おろし剪定・・・・・      特殊な剪定ですが、大枝を芽を残さずに元から切り落とす作業で樹木を移植する際に、切断し た根とのつり合いを保ち活着を良くする為に行う剪定。

など、まだ特殊な剪定も多く存在します。

 

 庭木剪定目的と効果  

庭木は、人それぞれお庭の用途は多様にあると思います。しかし、植木も生き物です。そのままにしておくとしげる

スケルトンブランチが動作することができます行う制御を同時に果実の重量を支えるために、簡単にすることができます。
隔年結果の樹勢と予防のメンテナンスを実施するために、生殖成長と栄養成長を調整します。
クラウンの全体を攻撃するために太陽の光、私は果実の品質と品質の均一性を行います。
、害虫による影響を受ける分岐を取り除く発生を抑制する。

夏の剪定

(6月-9月)、夏に実行される剪定のそれを指します。

目的

カキ梅9月に剪定6を実行することによって低減活力での結果を向上させる効果を有する。また、母親との分岐結果がブランチを高め、残った結果分岐する日光に依存している効果もある。時々大幅に活力を低下させる結果に強い剪定

サブコンテンツ

このページの先頭へ